11月2_3日「森のひみつ基地づくり」

→自分たちで考えて作って遊ぶ~

~秋の特別企画!

自分たちで考える森のひみつ。

わたしたちだけの森の基地。

基地をアジトにサバイバルゲームだ。

 

里山に自分たちの森の基地を作ろう。

 

自分たちで森の木を伐り、

自分たちで森の材料を揃えて、

自分たちで森の基地の設計図を描きます

 

基地はどんな形にしようか。

屋根は?窓は?

 

子供たちが昨日自分たちで話し合い描いた設計図。

その通りに森の基地を自分たちで造りました。

 

プロの大工さんも手伝ってくれて、構造の仕組みも学びます。

その通りに出来るかな?と思ってた

親御さん達の想いを裏切る基地の仕上がり(^^♪

  

大事なのは、自分で考え、自分で調べ、自分で造り、自分で遊ぶ自主性。

今からワクワクですね。

 

完成したら、基地をアジトにサバイバルゲームにチャレンジ。その基地をアジトにして、エリア同士でのフラッグ争奪戦

 

作戦会議。

戦闘開始。

基地に隠した宝物フラッグ。

基地を守りながら相手を攻撃。

一騎失っても復活出来るアイテムに子供たちは、大興奮

 

最後はスタッフから、木を伐ることで明るい光が入り、新しい芽が出ることを学びました。

 

かなり人気のイベントです。先着順。お急ぎください。

 

【日時】

2019年11月2日(土)

 10:00~場所見学・設定

 13:00~ 計画・設計。みんなで基地について話し合おう。

2019年11月3日(日)

 10:00~ 基地づくり、パチンコづくり。

 13:00~ 基地をアジトにした森のゲーム。

 

【講師・スタッフ】

平櫛武さん(里山サバイバルクラブ)

谷村章雄さん(里山サバイバルクラブ)

熊谷哲さん(NPO法人はりま里山研究所)

世良田ひとみさん

田中良幸さん(ひょうご森の倶楽部・たつの市福田活動地)

笹下昌平さん(大工さん)

 

【場所】

里山ガーデン

※駐車場に車を止めてから、里山ガーデンへお越し下さい。

※小雨決行。

 

 【参加費】

無料

※小学生と保護者同伴

※人数が多くなれば締め切ります(先着 小学生 20名)

※2日間参加できる方を優先します。

 

【持ち物】

昼食、長袖、長ズボン、帽子、水筒、タオル、山に入れる服装

 

【主催】

里山サバイバルクラブ

 

【共催】

NPO法人 はりま里山研究所

 

【協力】

ひょうご森の倶楽部・たつの市福田活動地

 

【申込先】

以下のフォームより、お申し込み下さい。その後、事務局より、返信させて頂きます。

例)子ども●名(保護者同伴)

 

※材料の準備がありますので、材料の予約数分を記載して下さい。

※2日間参加を優先としていますので、参加日は11/2でご記入下さい。何かあれば、コメントにご記入下さい。

 

※なお、申込者側のメール設定により、事務局の返信メールが届かない場合があります。不安な場合は、メール設定を確認頂くか、コメント欄に携帯電話の番号を記入ください。

 


 

【参加者の感想(概要)】

・もう一度ゲームをやりたい

・設計図をまとめるときは言い合いもしたけど、

 最後はチームで仲良くなれた

・友達が最初、2~3人だったけど、そのあとたくさんの友達が増えた。